育毛剤で毛根に変化を付ける!!育毛剤サイト決定版!

home > 育毛剤情報 > 男性型脱毛症に効果がある育毛剤

男性型脱毛症に効果がある育毛剤

男性型脱毛症は、男性ホルモンの関係で発生する薄毛です。
男性ホルモンが活性化すると5α還元酵素と結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)が発生します。
このDHTが、脱毛を促進する成分です。
男性型脱毛症と言う名称はありますが、女性にも男性ホルモンがあるので女性でも男性型脱毛症になることがあります。
更年期になると女性ホルモンが少なくなり、相対的に男性ホルモンが多くなります。
そのため男性型脱毛症になりやすくなるので要注意です。
抜け毛が増えてきたら、育毛剤を使って頭皮ケアをすることが大切です。
男性ホルモンまたは5α還元酵素を抑制するタイプの育毛剤が効果的です。
また、アルコールなどの刺激が強い成分を配合していない、肌に優しいタイプであることも大切です。
化学成分を排除した低刺激なタイプなら、毎日安全に使うことができます。



飲む育毛剤は塗るタイプと併用は可能か

AGAの症状で悩んでいる方々は、たまにクリニックで薬剤を処方されています。
いわゆる飲む育毛剤が処方される事も、珍しくありません。
AGAというのは、男性ホルモンに関わる症状です。
それが過剰分泌になってしまいますと、前頭部の毛髪も減少してしまう傾向があります。
そのホルモンの調整をする為に、クリニックから薬剤が処方される訳です。
ところでAGAのクリニックに通っている方々は、稀に塗る薬剤を検討している事があります。
少しでも頭髪の状況を改善する為に、塗るタイプの製品も併用した上で、速やかに症状を改善したいという発想が浮上するからです。
併用は、併用しても良い事はあります。
ただ現在服用中の飲む薬剤との組み合わせには、注意を要するでしょう。
塗るタイプの製品によっては、あまり相性が良くない事もあるからです。
併用をしたい時には、原則として医師に相談する方が無難です。
まずは医師に話をしてみて、特に問題無いという話になった時に、使うスタイルならば問題はないでしょう。



年齢が気になってきたら育毛剤で抜け毛を予防

年齢が高まってきますと、頭髪の様子が気になってしまう事があります。
というのも加齢とともに、体質も色々と変化するからです。
若い頃と比べると体質が変わってきて、やや頭皮の潤いが衰えたと実感している方々も多いです。
そのタイミングでは、育毛剤の利用が大いに推奨されます。
たとえ現時点で、特に髪の毛に何も問題が生じていなくても、それを使ってあげるのが望ましいです。
と言うのも現時点では問題が無くても、今後は大きな問題が生じる可能性は、大いにあり得るからです。
少なくとも頭皮の潤いが減少している以上、今後は頭髪に悪影響が生じる確率も高まるのは確実です。
しかし育毛剤を使っておきますと、頭髪が抜けてしまうのを、早い段階で予防できる訳です。
髪の毛が抜けてしまう事は、事前に防げるに越した事はありませんし、抜けてしまう前に使用する方が良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP