育毛剤で毛根に変化を付ける!!育毛剤サイト決定版!

home > 育毛剤情報 > 育毛剤の3つの種類とその違いとは

育毛剤の3つの種類とその違いとは

育毛剤には大きく分けて、医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類があります。
医薬品は医療機関で処方してもらわないといけない薬と言うイメージがありますが、ドラッグストアで購入できるものもあります。
有効成分の効果が厚生労働省により認めらているものなので、育毛効果が一番期待できますが副作用のリスクもゼロではありません。
次に医薬部外品は厚生労働省が認めた有効成分を配合しているもので予防や改善効果が期待できますが、効果が証明されている医薬品よりは副作用もなく手軽な感覚です。
そして最後の化粧品は、直接的な育毛効果よりも保湿やケアから頭皮環境改善効果が高いと言えます。
医薬品である薬は確実な効果がある反面副作用の危険性があったり正しい使い方が決められていますが、医薬部外品や化粧品となると効果を時間するまでに時間がかかったり、予防目的が高い分安全性が高いと考えてください。
ただし、どれも粗悪品ならトラブルが起きる可能性は高いので、購入前には安心できるものかどうかを必ず確認することが大切です。



育毛剤としての効果はどのようなものか

育毛剤は育毛をする力を促してくれる、促進してくれるわけですが、どんな方向からのアプローチであるのかはその商品によって違います。
例えば血行をよくしてくれるタイプもありますし、男性ホルモンに対してアプローチすることもあります。
禿る原因、薄毛になる理由は人によってだいぶことなります。
当たり前ですが適当に育毛剤を選ぶのではなく、自分の体質や状態を加味して商品を選ぶことが大事になってきます。
また、商品としての分類もよく知っておきましょう。
医薬品と医薬部外品、そして物によっては化粧品扱いの物もあります。
最も効果が高く期待できるのは医薬品なわけですが、副作用などの可能性もあるので薬効成分が強めのものはしっかりと医者からの指示を受けて選ぶようにしましょう。
育毛剤ごとに効果の程度が違うのですから評判なども確認しましょう。



育毛剤と発毛剤と養毛剤はどう違うのか

育毛剤と発毛剤と養毛剤と言われるとどれも同じような気がしますが、実は全然違います。
まず、字を読んでもらうとわかるかもしれませんが「育毛」というのは毛を育てる働きがあり、頭皮や毛根に働きかけることで今ある毛髪の成長をサポートします。
次に発毛は、毛根がない脱毛してしまったところに新しく毛を生やします。
そして最後に養毛は毛を養うということで、脱毛を抑制する働きがあり、頭皮や毛髪ケアをする予防効果がメインです。
全部同じように思えるかもしれませんが、役割が全然違うので、完全に髪の毛がなくなってしまったところに髪の毛を生やしたいのか、弱ってきたのを元気にしたいのか、頭皮環境を良くして予防したいのかなど、自分の目的に合わせて選ぶと効率良く効果を実感することができます。
ただし発毛剤はミノキシジルなど効果はあるけど副作用もある医薬成分が配合されていたり、処方が必要になる場合もあるので、薄毛や抜け毛を気にしているならオススメは育毛剤です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP